私の失恋生活

私は20代の頃、いつも男の人を好きになっては失恋して、また恋をして、また失恋してという事を繰り返していました。失恋して、その恋から立ち直るのは結構掛かってしまったのですが、それでも失恋から立ち直ろうといつも新しい恋を探していました。でも、恋は探すとダメなんですね。何度も何度も失恋して、そして恋を探して始めて気が付きました。探すと相手は逃げていく感じで、探して恋なんて見つかる訳ないですよね。私はいつも恋をすると友達に色々と相談をしていました。失恋した時もいつも相談に乗ってくれる人がいました。でもそんなに心配してくれる人の事は好きにはなかなかならないんですね。でも後で気が付いたのは、そうやっていつも真剣に失恋をした時には色々と慰めてくれたり、励ましてくれたりして、恋愛で楽しくしている時には応援してくれたりしてくれている人は、一番私の本当の姿を見てくれているようで、その人を好きになれば良かった。と後悔した事も何度も有ります。でも、その事に気が付いた時にはもう相手には彼女が出来てしまっていたりして結局また失恋をしてしまったり。結局恋愛相談が出来る相手さえいなくなってしまいました。恋愛は気持ちの問題なので、本当に難しいですが、失恋をした時にいつも相談に乗ってくれている人って、本当は凄く心配してくれて、すごく良い人なんだと思いました。失恋生活を繰り返して、やっとその事が分かりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ